今までのお金を稼いできた方法、実績を公開します。色んな事やってたな~編

今までのお金を稼いできた方法、実績を公開します。色んな事やってたな~編

私もすでに40代です。高校を卒業してから、ギャンブルだけをやっていたわけじゃなくて、それなりにお金を稼ごうと思って思考錯誤してたんですよ。

お金を稼ぐために、ただ闇雲に突っ走ったとも言えますが、それでもお金は稼ぐことができました。できたけれども、今どう?って聞かれたら黙っちゃうタイプの人間です。言う程、誇れるものがあまりない人間だったんで。まぁ、稼げたビジネスなのに今はやってないのには原因があります。

  • とりあえず、飽きた。
  • それ以上に売り上げを伸ばす方法が分からなかった。
  • ギャンブルが全て台無しにした。

こんな感じです。続けられる根性があれば、結果は違ってたかも知れないですね。でも、私の人生は常にギャンブルが第一優先でしたから。ちょっと上手くいかなくなると、ギャンブルに逃げるっていう表現が一番合ってるかな。

1995年代~ 経営失敗

物販や広告などの事業をやりましたが、見事に失敗しました。ギャンブルも原因の一つとしてありますが、一度東京に出ます。その頃の話は、

日払いの仕事でホームレスを回避しよう。お金が無い時に生き延びる為の術とは。

にも書いていますので読んでみてください。

2008年代~ 〇〇アフィリエイト

あの頃、継続報酬のアフィリエイトが流行ってました。一回成約したら、その人が毎月継続視聴してくれれば、私にも毎月報酬が入ってくるという夢の様なアフィリエイトシステムがあることを知りまして。

あの当時は「これは凄い事になるぞ!」と、夜も眠れない程興奮したものです。当時は、内容も薄いペラッペラなブログを2,300作った記憶があります。

ほんと馬鹿でしょ?

で、記事は大量生成できるツールがあったので、それを購入しました。そのツールを使えば、確かに記事はたくさんできましたが、読んでも全く意味分からないような文章を吐き出してくるクソツールでした。

でも、とりあえず購入したんだからしょうがないってことで、その記事をブログにぶっこんでました。

で、半年は続けた頃でしょうか。冷静になって考えてみたら、こんな読んでも分からない文章から成約なんて上がるわけがないと。そう思ったら、急にやる気が失せて、飽きたところでTHE ENDです。

しかし、あの時代はそんなクソブログでも時間が経つに連れて、検索順位も上がってきてるものもあって、ポツポツと成約されるものありました。で、月に3万とか稼げる月もあったわけですが、その時期にはすでに心は別の手法に移ってました。

まともにやってりゃ、もっと稼げたかも知れません。今総報酬見たら、5000ドル超えてたので。

んで、もっとびっくりするのが、未だに継続してみてくださる方が一人いるんです。ほんとに有難い話なんですが、今も20ドルくらいの報酬が毎月入ってきます。

2009年 情報商材アフィリエイト

アダルトアフィリエイトなんて駄目だと決めつけて手をつけなくなりましたが、じゃあ何やろう?って事で色々探し回っていたのもこの時期だったと思います。ただ、できれば物販アフィリエイトは手をつけたくなかったんですね。

というのも、物販のアフィリエイトって、成果が発生しても、承認の時に蹴られるわけです。10万円売れても、その分の報酬を払いたくない広告主が承認しなかったら報酬を払わなくてもいいんです。そんな理不尽なASPシステムにどうしても本腰を入れるのが嫌で、私は情報商材に走りました。

なんせ情報商材は100%承認されるので。

この頃は情報商材アフィリエイトで稼いでる人も多かったですね。この頃ブームだったかも知れません。ただ、当時から情報商材ってあんまり良い印象持たれてなくて、詐欺だとか騙されたとかの炎上騒ぎもありました。新聞とかにもデカデカと社会問題として取り上げられて。

人の商材を売るわけですから、もしも販売元がトンずらしたら、こっちまで詐欺の片棒担いだみたいなことも当然起こります。なんで、私は売る商材はツールに限定、サポートをしっかりしてくれるものだけをアフィリエイトしました。

その結果、そのツールだけで月に20万(3か月で60万)の報酬を得ることができました。月収20万アフィリエイターの誕生です。しかし、そこで「わーい。やったぞー!」とはなりませんでした。

情報商材ってリリースから時間が経てば売れなくなります。次に何売ろう?と思った時に無いんですよ。良い物が何も。もちろん情報商材ならいっぱいありましたけど、ツールに絞ってましたし。

で、私もカッコつけて、「私のブログでは情報商材は売りません。ツールのみなんで安心してね」的な事を告知してたんで、今更うさんくさい情報商材は売れません。

そこで、私はジレンマに陥るとともに、ビジネスに対しての見通しの甘さを痛感しました。まぁ、これも今考えてみればなんですが、実際には売るものもなくなって、また、ギャンブルにハマり出して、放ったらかしでTHEENDです。

この間ですが、普通に働いてました。

このアフィリエイトをやってた期間ってのは要するに副業となります。配達系の仕事をしながら、夜遅く帰ってからアフィリエイト作業をやってたわけですから、今考えたら頑張ってたなと。

仕事を早く辞めたくて、アフィリエイトを頑張ってたというのもあるんですが。ここで、成功してりゃ絵になるんですが、世の中そんな甘いもんじゃなくて、アフィリエイトでは一回挫折しました。

2011年~ せどりブーム

ブックオフで買って、amazonで売るって言う手法が流行りましたよね。で、最初ブックオフの本とかリサイクルショップの本やDVD、ゲームソフト売ってたんですけど、1か月かそこら経った頃、セール日にブックオフを見にいったら、せどらーさんが朝から物凄い人が並んでいて、開店と同時にみんなダッシュするわけです。思わず絶句しましたよね。

これ、パチンコ屋やん。

物凄く冷めてしまって、私は家でもできるネット上で安く買って、高く売る電脳せどりに切り替えました。

年間で600万くらい売れましたね。小遣い程度にはなったのですが、やっぱり悪い癖で飽きてきました。まぁ、誰にでもできるビジネスなんで、ライバルの出品者は増え続けましたし。

当然店側も高く売れそうなものはネットでも売るようにもなるし。店側で対策されたら終わるビジネスモデルです。電脳せどりならまだイケたんでしょうけど。売上が頭打ちになって、限界も感じていたので、在庫は他のせどらーさんに売ったところでこのビジネスはTHE ENDとなりました。

この間ですが、またちょっと働き出しました。

まぁ多少の挫折感もあったので、ここら辺で金を貯めようと思って派遣で2年間働きました。

この時の話は、お金が無い時の悔しい思いが、お金を稼ぐモチベーションとなる。

で紹介しています。

2017年 フリーランスとなる。

派遣で働いていた時から、すでにサイトアフィリをやったり、クラウドワークスで記事を書いてお金をもらっていたので、とりあえず起業するまでは、この2つを続けていました。

ただ、クラウドワークスで記事を書いても月10万円程度。この収入ではさすがに食っていけないので、しばらく貯金を食い潰していたんです。

その時、ちょうど良く、知り合いから会社でブログを運営するから一からやってみないか?と言われて、二つ返事で引き受けることにしました。

ほんとは起業する為に派遣で働いたわけですが、どうしても人を雇ってまでやって、成功できる自信が無かったんです。私も20代で事業に失敗してて、40代でまたあの経験はしたくないなと。

で、そこの会社のブログ運営は、ある程度結果を出すことが出来て、そこから紹介してもらったり、クラウドワークスのクライアントのweb案件に噛んでたりしてたら、結果も出せて食っていけるようになりました。しかし、ふと、どこかで収入が途切れるリスクも感じたわけです。ある程度、何社か掛け持ちしないと、いきなり仕事が打ち切られる事だってあるわけだし。

その為にも、まずは自分がブログをやって実績作って仕事どんどん取ってこようと思ったのが3か月前ですね。安易かも知れませんが、ブログで食べるんなら、まず自分が結果出さないとね。当然、ブログってすぐに収入が入ってくるわけじゃないので、クラウドワークスでちょこちょこ仕事もらって今に至ります。

私のビジネス人生を長々と語ってきましたが、実は1990年代の終盤から私は、仕事をしつつもギャンブル優先の人生でした。

しかし、ギャンブルで駄目人間だったとしても、なんとか食い繫いでいける、実績も出せるという事もこの記事を通してお分かり頂けたら幸いです。