youtubeの利用規約の厳格化から見る、動画の作り方。

youtubeの利用規約の厳格化から見る、動画の作り方。

12月10日のyoutubeの利用規約変更に伴ってか、どうかは分かりませんが、

アカウント削除、停止が続出しております。

有名どころのyoutuberの中でも、N国党の大橋議員、公認候補平塚さんのアカウントがBANされています。かろうじて、平塚さんのメインチャンネルは残ってますが、サブチャンネルへの登録を本人が勧めているので、おそらくもうチャンネルが戻ることはないでしょう。これは著作権侵害による3回目の警告となるアカウント停止になりますね。

大橋さんの場合は、そもそもメインチャンネルすら出てきません。警告してから猶予があるものではなく、もう完全な削除。チャンネルすら出てこない。そして、大橋さんと揉めていたサーファーさんまでアカウントBANという。

今や、もうyoutubeはアカウント削除祭りです。(わっしょいわっしょい)

こうなると、youtubeは厳しいとか言う人がいるんですが、これ厳しいわけじゃなくてね。youtube側としてはコミュニティガイドラインに違反しているから削除したまでのこと。それが、利用規約に合わせた予兆ということで、騒ぎが大きくなってるだけで。このアカウント削除騒動は、今に始まったわけではなくて、ラファエルさんしかり、シバターさんなども一度BANされているので、特に珍しいことでもなんでもないです。

ただ、前はある程度原因が分かった部分もあったわけです。いや、分かりやすかったとも言いましょうかね。しかし、今は違反報告の通報によって動画がyoutube側に審査されることが多くなったため、配信者が知らない間に、いつの間にか動画が削除されてペナルティが累積していくというパターンが多くなったわけです。

で、突然動画を削除された配信者は主張します。

動画は、信念があってやってること、社会的意義があることだと。。。

しかし、いくら言っても、残念ながらアカウント削除されてからの復活はほとんど無さそうです。どれだけ主張したとしても、もはやyoutubeには言い訳や主張は何も通用しないということが分かりましたね。無慈悲にBANします。だからこその3回の警告という猶予を与えているのかも知れませんが。

今回の騒動でもって、youtube側は配信者の意図など関係なく、コミュニティガイドラインに違反しているかどうか?また、その判断はyoutubeの独断で決めるということが分かりましたね。

youtube動画への違反報告から動き

ここから以下は私のあくまで予想としてお聞きください。

最近のyoutubeアカウント削除騒動で一つ言えることは、全てをAIで判断しているわけではないんじゃないか?ということです。これは、勝手な想像ですが、youtube側が全てを確認するのは大変です。なので機械的に判断するAIというものが中に入り込むわけですが、

AIから人による審査に入る時には、ある程度の基準があるはずです。

私が思うのは、視聴回数に対して違反報告が多くなった場合、機械的に人による審査に回されるんじゃないか?ということです。要するに視聴回数に対して、どれだけの違反報告が入ったか?割合で審査に行くということですね。

例えば、視聴回数に対して、10%の違反報告とかね。

これは、あくまで予想です。当然、youtubeアカウントが審査されるルールというのは、明確に公表されていません。ただ、全てAIで処理していると言っている人もいたのですが、これは多分違いますね。意義申し立て時にyoutube側とメールでのやり取りをしていると、平塚さんが言っていたのですが、さすがにAIでのメールのやり取りは無理なのではないか?というところからです。

また、例えyoutube側から動画を消されても、異議申し立てをすることも可能で、主張が認められれば、動画を復活させることも可能なようです。

闇雲に削除しているわけじゃないんですよね。

だからといって、意義申し立てが認められても、アカウントが正常に戻って動画がアップロードできるまでって時間がかかるわけです。毎日動画あげてる人や、youtubeの動画の収益で生計を立てている人なんてのは、かなりの重いペナルティになりますよね。

なので長くyoutubeをやっていきたいなら、しっかりとコミュニティガイドラインを読んで、アップロードする動画が問題がないことを考える、

あと、違反報告が増えるような、動画の作りになっていないかを十分に考える必要がありますね。挑発とか誹謗中傷ってのは、間違いなくアンチが増えて違反報告が増えるので。

youtubeの利用規約厳格化の意図

この利用規約の厳格化の動きというのは2つの意図があると思うんですよ。今までも利用規約というのは変わってましたが、それでもyoutubeが広告主から健全な企業、そしてユーザーが安心して見られるプラットフォームにはまだ届いていないんでしょうね。

配信者はこの利用規約変更の流れを見ながら、配信する動画の内容を考えていく必要があります。

配信者を減らしたいという意図

一つ目として、配信者を減らしたいという意図があると思います。もっと厳密にいうと、

あまり見られない動画ばかりをあげる配信者は減らしたい。と、、、

広告主が嫌がるような配信者を減らすことで広告主の利益を最大限にあげてやろうという動きになってるのかなと。

これは、youtubeの収益化で基準が12カ月間以内の4000時間、登録者数1000人とグッとハードルを上げたところからも十分考えられます。でもですねぇ。この基準って中々高い壁なんですよね。収入を増やすためにyoutubeをやったものの、ふたをあけたら、研修期間がやたら長いみたいな感じじゃないですか?

まぁ、ほとんどの人は収益を受け取ることの無いまま研修期間を終えてしまうわけですが。(笑)これだと、youtubeやる人ってあんまり増えないと思うし、新規参入者が増えてこそ、他のyoutuberももっと面白い、役に立つ動画作ろうと考えるわけじゃないですか?

なんで、あくまで僕はですよ。

チャンネル単位で収益化の基準の作るんじゃなく、むしろこんなもんとっぱらって、動画単位で収益化の基準を作った方がよっぽど配信者のモチベーション上がって質の良い動画があがってくると思うんですよね。

広告主が配信者じゃなく、個別の動画を選ぶ時代。

というか、これは僕の希望というだけじゃなくて、youtubeもこういう流れになっていくんじゃないかな?と。思っています。

健全な利用者を増やしたいという意図。

この利用規約を厳しくしていく流れというのは、今まで動画でやっていた内容によっては、アカウントが削除されるかもしれないということで、今後配信者は節度のある動画を投稿していくわけですが、

それだと、動画の内容はどんどんつまらなくなっていきますよね。

過激さやちょっと危ない路線が好きな利用者は離れていくと。。。。その代わり、老若男女誰にも見れるようなコンテンツを増やすことで、全体の利用者を増やしていこうという流れなんじゃないかなと思ってます。

  • 広告主に選ばれる動画作り
  • 健全な利用者が見る為の動画作り

この2つの意図を読み解いて、youtubeでの動画作っていく必要があると思います。

youtubeカテゴリの最新記事