顔出し無しでyoutuberになる方法と動画編集の仕方

顔出し無しでyoutuberになる方法と動画編集の仕方

数年前ですかね。これからはyoutubeの時代が来る!と言われてました。

私自身、youtubeはその頃から見ていて、chromecastを購入してテレビに繋げていたのが4年くらい前。動画を最初に作りだしたのは、7年近く前。

youtubeは、やってみたいなとは思っていたものの、できない理由として、「顔出ししたくないな」という、そんな理由でyoutubeからは遠ざかっていました。しかし、その時きちんと考えていれば、別に顔出しせずにやってる人なんてたくさんいることを、いくらでも気づけたはずです。

チャンスは誰にでも平等にある。それに気づけるかどうかが問題。

今、その言葉を実感しています。

しかし、まだまだ動画は伸びます。5Gが普及してからがほんとの勝負ですね。そこに乗り遅れないように今から少しずつ積み上げていきたいと思うわけですが、これから私の様に顔出しせずにyoutubeをやりたいって人向けにその方法論を解説していきます。

何故youtubeで顔出しが嫌なのか?

youtubeはやっぱり顔出しした方が視聴回数が伸びます。これに関しては間違いないとお思います。誰が何を発信しているか?がとても重要で、その誰がの部分っていうのは、やっぱり顔出しした方が分かりやすい。

そして、身振り手振り、表情を交えて発信すると、その人の固定ファンがつきやすいというメリットがありますね。一見やらない手はないように思えますが、

顔出しするリスクは当然あります。住所を特定されたり、ストーカー化しない人がいないとも限りません。また、人の批判をしてアクセスを稼ぐyoutuberの方などは、恨みを買うことも十分考えられます。実際に、人気youtuberのエドさんも、家に侵入され部屋を荒されています。

そういったリスクがあるということも考えて、顔出しに二の足を踏む人がほとんどなのです。しかし、顔出しはしなくてもyoutubeはできるということを頭に入れておくと、youtubeに参入する人が増えると思います。

顔出し無し、声のみのラジオ配信

顔出しを嫌がって、ラジオ配信でやっている人はまだまだいます。ただ、気をつけなければいけないのが、声だけだと「中身の無いコンテンツ」と今後youtubeに判断されて削除される危険性があります。

テキストロールのみ、読み上げは自動音声を使うことで、顔出しを一切をせずに多大なyoutubeの広告収入を手にした人がいましたが、突然youtubeがこれらの動画を「中身の無いコンテンツ」として、排除するようになりました。

ラジオ配信は基本的には背景に画像を使って、音声のみの配信になるので今後、「中身の無いコンテンツ」として、削除される可能性もなくもないので気をつけてください。

VLOGで顔出し無しで撮影

例えば、バイクのツーリングで走行中の動画を撮影するモトブログなんかも、顔出しは必要ないですね。youtubeを見てみると、結構顔出し無しでVLOGをやっている人が結構いるようです。

パワーポイントを使って、プレゼン動画

microsoftのpowerpointがインストールされていれば、プレゼン動画を作って、youtubeで配信することができます。ナレーションも録画しながら、スライドショーを作成して、それをmp4で書き出ししてyoutubeにアップロードする。

とても簡単ですし、この方法も顔出しなくていいですが、プレゼン動画を作るのも結構大変です。私もしばらくはこの方法で動画配信を続けていこうと思います。

イラスト、アニメーションで動画作成

いわゆるアニメ、漫画でコンテンツを表現して動画にしている方も結構います。この手法を使っている人も結構いるんですが、この場合は逆に顔出しをしない方がいいかも知れません。顔を出すとイラストのイメージを壊してしまうので。。。

しかし、デメリットもあって、イラストを作りながらだと制作時間にかなり時間がかかることですかね。

2Dキャラクターを使って動画作成

これはキャラクターは用意されているものを使います。facerigというサイトがあるのですが、それを利用すると自分の顔の動きをfacerigで用意されたキャラクタが再現します。カメラに向かって話せば、fuacerigのキャラクタも口を動かすわけです。顔出しは嫌だけど、こういったキャラクタがあるならと、youtubeをやる人が増えています。

顔出ししないでyoutuberになる方法と動画編集~まとめ

顔出ししなくても、youtuberになる方法は結構あるのです。

しかし、顔出ししないと、編集がかなりめんどくさいことになります。当然ですよね。隠さなければいけないところを編集して隠さなければいけなくなるわけですから。

時にモザイクを掛けたり、場合によっては撮影の段階から自分から撮影時に移り込まないようにしたりと結構手間はかかります。

顔出ししなくてもyoutubeで配信できるならメリットばかりの様に思えますが、デメリットもやはりあります。どちらでやった方が良いか?は、良く自分で考えてから始めた方がいいでしょう。

youtubeカテゴリの最新記事