vlogでパワースポットを一眼ミラーレス撮影。

vlogでパワースポットを一眼ミラーレス撮影。

youtubeチャンネルを作るまで結構時間がかかってしまいました。

もったいぶってたわけじゃないんです。

たくさんの芸能人や有名人がさくっとして参入してきてるのに、素人である僕がなんでこんなに時間がかかったのか?というと、単純に撮影機材に対しての知識が全く無くて、何を買ったら良いのか?というところからスタートしたからですね。

面白いとか役に立つHOW TOの動画なんかは、芸能人などがたくさん参入してきてるので勝てるわけがない。そこで、内容ももちろん大切ですが、映像と音にもこだわってみたいと思ったのが、未知の世界に足を踏み入れたきっかけになります。

芸能人や有名人に勝つ必要はないんですが、お笑いや知名度で勝てないなら映像という部分でせめて勝ちたいと思ったんですよね。

カメラの世界はほんとに奥が深くて、毎日が勉強みたいなもんですが、とにかく映像を撮りまくって少しずつでも上達していった方が早いのかなと思っています。撮影していると分からないことが分かってくるんですよ。(意味分かります?)また、youtubeに動画をあげるとその成長過程、そして自分の動画が見ている人たちにどう評価されているのか分かるというのもまた面白いですね。

なんか書いてて言い訳がましいですが、まずは一眼レフ初心者が撮影するとこうなるよって動画も、ブログで公開して解説していきますので、youtubeを見られた方はこちらのブログの方もたまに覗きに来てください。

カメラが届いた翌日にvlog撮影。その映像はどうか?

早速カメラが届いた翌日に撮影をして、すぐに動画をアップロードしました。

秋田県の南に位置する象潟という街にあるパワースポットと呼ばれる松尾芭蕉が訪れた最北の寺とも言われている蚶満寺を撮影してきました。国道から少し反れたところにありますが、とても分かりやすい位置にあります。

訪問客も僕が行ったときにはほとんどいない状態でした。

まずできあがった映像を見て一言。まずサムネとなる画像があまりに暗いです。(サムネにする画像は選べるのですが、あえてこれにしました)

最初の夜の映像はE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSのレンズとweebill Sのジンバルを使って撮影しました。ただ、このレンズで通常日中の太陽が出ているときに撮影すると、白飛びします。なので、NDフィルターというものをつけて白飛びを防がなければいけません。

(レンズの先にNEEWERというNDフィルターが装着されているのが分かるでしょうか?)

NEEWER 49MMレンズフィルターセット
created by Rinker

メインで使っているレンズの口径が40.5。NDフィルターの口径が49㎜ということで合っていないので、ステップアップリングをつけないといけないわけですが、その大事なものを持ってくるのを忘れてまして。。。

(ステップアップリングです。一つ一つバラバラにできます。

今回は望遠レンズ(口径49㎜)の方に49㎜のNDフィルターをつけて撮影しました。

まぁ、見てもらうと分かるんですが、望遠はやはりブレブレになりますね。(望遠はF値が小さいため焦点距離も合いにくい)

これは、羽黒山五重塔の行ったときの映像です。この映像もところどころ白飛びしてますね。個人的にはこの羽黒山の高い樹木から差し込む日光と川のせせらぎがとても神秘的でした。

また、五重塔を見るためには高い階段を登り降りしないといけないのもまたgood。こういったパワースポットと呼ばれる場所を撮るにはやはり、技術と準備が必要なんだということを強く感じましたね。ただ、動画の編集はボロが出ても編集でうまい具合に繋げられる点もいいです。

かなりの手振れが出るので、ところどころでスピードを落としています。

今回の教訓を踏まえ、可変式で調節可能なNDフィルターと、40.5㎜~49㎜のステップアップリングも同時に購入しました。

 

これがまた便利でギザギザ部分を廻すことで、ND2~ND32ま光量調節ができます。普通であればレンズごとの可変式フィルターを購入すると良いのですが、経済的ではありません。なので、口径の大きい可変式フィルターを購入しておいて、ステップアップリングで調整する方が良いです。

 

 

 

 

動画編集と撮影カテゴリの最新記事