貧しい人に共通する特徴の嘘。金持ちになるための行動が実は真逆の場合もある。

貧しい人に共通する特徴の嘘。金持ちになるための行動が実は真逆の場合もある。

ネットサーフィンしてみて、貧乏な人に共通する特徴というのものを集めてみました。これらの特徴はなんとなく同意できる部分もあるかと思います。

貧乏人の特徴・節約をしようとしない。
・見栄を張りたがる。
・収入に見合った生活をしない。
・財布が長財布じゃない。
・付き合ってる人がみな貧乏。

一見まともな意見が並んでいるかのような印象にも思いますが、本当にそうでしょうか?実は、これらの意見を逆にしたとしても、貧乏な人はいっぱいいるんです。

収入に見合った生活をしてても超貧乏。財布が長財布でも超貧乏。

あなたの周りにもいるでしょ?つまり、何が言いたいか?というと、常識と言われてることが、必ずしも常識ではないということなんです。特にお金の話に関しては。

私は、節約もして、収入に見合った慎ましい生活も送った、高級感の長財布を利用して、お金を持つ社長連中とも仲良くなった。若い頃はどうなったら貧乏を脱出できるか?という事を常に考えてきました。

でも、貧乏と向き合って行動したからといって貧乏じゃなくなるか?と言うとそうじゃないんですよね。

節約をすることでお金持ちになるという嘘。

電気をこまめに消して、シャワーは使わない。冬以外は水で体を洗う。節約をすることがまるで正義であるかのように徹底したことがありました。正しくは嫁がそうしたんですが、それをしたところで、月にどのくらい節約できるのか?というと、3000円くらいでしたかね。

結局、風呂入らないもんだから、思いっきり風邪引いて、診察と薬で節約代など簡単にふっとびました。節約するのはいいことだけれど、ガスを使って風呂に入ってあったまることは、健康に良いということは誰もが知ってると思います。

また、家族がいる人なんかは、極度の節約を迫ると、かなりのストレスを周りに抱えさせることになるので、全ての節約が良い方向に転がるかというとおおいに疑問アリです。

見栄を貼ったら貧乏になるという嘘

ほんとにそうでしょうか?

実際には見栄をビジネスに役立てている人は結構いて、それでお金が集まってきてる人っているんですよ。見栄を張って、背伸びをして仕事をどんどんこなすって人や、高級品を分割で購入して、その月々の支払いをするために頑張る人も中にはいます。

見栄イコール貧乏とは必ずしも言えない。

人によるというところが正しいのではないでしょうか?

財布が長財布じゃないと貧乏になるという嘘

今は違ったらすいません。以前、ホリエモンは財布は持ち歩かず、マネークリップで代用してるって話を聞きました。

財布が邪魔くさいとか(笑)

長財布はお金が折り曲がったりしないからとか、お金を大切に扱うからお金が貯まりやすいってことで一時期長財布ブームになりました。私も乗っかってみましたが、ホリエモンの話聞いたら、お金を大切にするかどうかより、大きい収入源を持ってるかどうかの方がはるかに重要に思えてきました。

私も長財布邪魔くさくて嫌いなんです。

付き合ってる人がみな貧乏だと貧乏になるという嘘。

これは、私ははっきりと言えることがあります。

周りが貧乏だから自分が貧乏なのではなく、貧乏なのは全ては自分のせいです。お金持ちになっても、古くからの友人を大事にしたりする人はたくさんいます。自分の仕事に合わせて会食相手も変わってくることもあるとは思いますが、お金持ちはバランス感覚が優れているので、どんな人とでもうまく付き合えるはずです。

これは、あくまで私の個人的な意見ですけどね。貧乏な人は切り捨てて、金持ちばかりと付き合いたがる人をたまに見るんですが、上っ面ばかりの人って本物のお金持ちは見抜いちゃうんですよね。

お金持ちへ第一歩

貧乏を回避する為にやっていた事が実は、時間が経った後考えてみると、全く意味がなかったという事が結構あります。

まずは、支出を減らす。そして、支出以上のお金を稼ぎだせる力を身に着けることが大切です。

これ、順番が大切というか、支出を減らすって今すぐにでもできる事なんですよね。収入を増やすといってもすぐに増えるわけではなくて、タイムラグがある。だからこそ、今すぐにできる支出を減らすってことを優先して、同時並行でお金を稼いでいく必要があります。

今、自分が貧しいと考えているなら、まずは支出を減らしましょう。

コラムカテゴリの最新記事