惰性で派遣に行ってる人は今すぐ辞めて転職するべし。

惰性で派遣に行ってる人は今すぐ辞めて転職するべし。

目標無しに派遣に行ってるのは無駄なので今すぐやめましょう。

お金の為と割り切るのも一つの理由として悪いことではありません。実際に、今すぐに収入を得なければいけない人にとっては、派遣はとても利用しやすいです。

受かりやすいし、働く時間を選べるし、前払いもできることが多い。

しかし、結果的に派遣を長くやっていると貧しくなってしまう可能性が非常に高いです。派遣で働くことは、貧しくなることの先送りでもあるんですね。

以下は、派遣で長く働くことを避けた方がいいポイントです。

派遣がおススメできない理由・そこで、スキルが身についたとしてもヨソで通用しない。
・責任を全く負わなくていい仕事ばかり。
・正社員になれるのはほんの数%という現実
・周りの環境に流されて、辞め時を失う。

派遣で働くことは悪くはないけれど、長い目で損をする。

「派遣は底辺」
「派遣は墓場」

ここまで言う人もいて、偏見を持たれている方も少なからずいます。でも、派遣で働くことが悪いわけじゃありません。プライドを持ってやってる方もいるでしょう。しかし、それでも私は、目標を持たずに長く派遣に勤めることはおススメできません。これから上記で挙げたポイントをしっかりと考えていきたいと思います。

そこで、スキルが身についたとしてもヨソで通用しない。

派遣で長く続ける意味がないのは、まさにこの部分です。派遣先が一時的にはコスト増ともなりえる派遣を積極的に雇用する意味ってなんでしょうか?それは、

派遣はいつでも辞めてもらうことができるからです。

会社は不景気になった時や、売上が著しく下がった時に、その対応策を考えるわけですが、一番に思いつくのはコスト削減。その中で派遣社員との契約を打ち切ることは、法律により認められているので、おそらくここにすぐに着手してくるでしょう。

会社の景気が悪くなったら打ち切るという考え方で雇うような派遣先企業が、ヨソで役に立つような仕事を覚えさせるわけがありません。派遣社員はいつ辞めてもいいように、基本的には誰にでもできる単純な作業が多いのは紛れも事実です。なので、他の仕事に行っても、ほとんど通用しません。

ヨソに技術を持って行かれても困る。考えてみれば当たり前の話です。

責任を全く負わなくていい仕事ばかり。

仕事に責任を負うというのは、どういう事でしょうか?

派遣でミスしてしまって叱られたとしましょう。しかし、怒られるだけですよね。その責任を取るのは直属の上司の社員になります。

また、派遣は仕この仕事をやり方を少し変えたいと思ったとしましょう。しかし、責任の無い派遣社員は、仕事を改善しようと思ってもできないのです。派遣社員は直属の上司の指示を仰ぐと明確に定められてるからです。

派遣が一生懸命にやった仕事やアイデアは基本的には社員が全て吸い上げ、評価されるのは全て直属の上司になります。

  • 仕事のミスは直属の上司の責任
  • 仕事の改善はできない。
  • 派遣社員の仕事の評価やアイデアは社員の評価

この状態で自分の成長が見込めると思いますか?責任を負わなくてもいいというのは、楽にも見えますが、時間だけが過ぎて成長できないリスクをもっと考えるべきです。

正社員になれるのはほんの数%という現実

労働者派遣法が2015年に改正されました。この中で派遣で働く人たちにとって、かなり影響のある期間制限というのものが付け加えられました。

有期派遣労働者が同じ組織(部署)で働くことができる期間が最長3年間。

この改正案が出た頃、3年経てば辞めなければいけないから、派遣を正社員に格上げして再雇用する会社が増えるなんてことを言ってるマスコミや政治家がいました。しかし、現実はどうでしょうか?2015年改正で、2018年はすでに派遣として働いている多くの人が、この期間制限に該当したわけです。この問題はどんどん大きくなりいずれ社会現象になるのでは?と思っています。

「派遣3年期限」法改正から3年 雇い止め通告 増加懸念
 派遣労働者が同じ職場で働ける期間を最長三年とした改正労働者派遣法が今月末で施行から三年となり、「雇い止め」を通告されるケースが出始めている。
東京新聞 TOKYO Web
 

この期間制限に対応するには、長くみても3年という期間でしか派遣は働かないと決めてしまうことです。次の準備をするにあたって3年もあれば十分でしょう。いざ、雇い止めされる頃になって「どうしよう」と悩むのではなく、派遣ではなく正社員という道で働くということを考えておかなければいけないということです。

周りの環境に流されて、辞め時を失う。

いや、自分は大丈夫。周りに流されることはないって人多いと思うんですが、そういう人ほど気を付けてください。

派遣だけではなく正社員にも、目標もなく、ただお金がもらえればいいという目的で働いている人はたくさんいます。ただ、派遣と正社員では仕事のやりがいを感じ方が全く違うのです。やりがいがないと感じる派遣社員は正社員よりはどうしても多くなるでしょう。そうした人は、どうしても仕事以外のことで流されやすくなります。

仕事時間が終われば、みんなでパチンコに行って、飲みに行く。かたや、自分の仕事に責任感を持ってる正社員は、残ってまで仕事をやっていく。この仕事への意識のずれが、派遣の仲間意識を強めていったりするんですよね。そうすると、当然流されやすくなり、自分に甘えが出ます。

このままでいいやと。

気付くと1年、2年と、働いてれば当然のように入ってくる給料に満足してしまう。

私は今の派遣は働いても3年が限度と思っています。

何故派遣をやろうと思ったのかを絶対に忘れずにお金を稼いで次のステップに進みましょう。

   【寮付・未経験OK】新生活を始めよう ♪ by工場ワークス

派遣から正社員への転職や起業するということも選択肢に入れる。

  • 空いた時間でスキルアップしながら転職を目指す。
  • 起業するためのアイデアと準備期間とする。

派遣に行くのであれば、この2つを頭の中に入れながら覚悟を決めて働かないと、すぐに期間制限の3年が来ます。その時に何かを始めるのでは遅すぎるんです。派遣の場合、いつ雇い止めがあっても文句が言えないのが現状です。大企業寄りの法律となっていることを忘れないように。

 

 

転職 派遣カテゴリの最新記事