遂にumidigi s5 proが5月に発売予定

遂にumidigi s5 proが5月に発売予定

中華製スマホの有名どころはHuawaiだと思うのですが、Huawaiはアメリカからの締め出しを受けてgoogleが使えなくなるんじゃないか?と言われていたのが、およそ1年前くらいでしょうか。

googleが利用できなくなったら、androidの場合OSのアップデートやアプリのダウンロードができないじゃないか?ということで、Huawai製品の購入を控えていた人もいるかもしれませんが、よくよく調べてみると、P30 proまではgoogle playなどがインストールされていたようです。しかし、p40については、すでにgoogleplayは使えなくなっている。

Huawaiは写真の性能が良いだけに、できればアメリカが軟化してHuawai製品が使えるようになることを願っていたんだけど、どうやらそれは無理な感じ。ということで、僕の場合はp20 proを購入した後はHuawai以外のスマホを使うようになりました。

その中の一つがumidegiのスマホです。

最近、umidegiがもの凄い勢いで伸びているのですが、その理由としてまずスペックの割にとても安いということが購入の理由の一つとして挙げられます。僕はumidegiのF1とA5 proを持っているのですが、いずれも僕の中ではとても満足できるスマホとなっています。不具合が無いわけではないんですけどね。それでも、このスペックでこの価格だから仕方無いと思えるスマホです。

で、僕のF1のスマホも一度落としたせいで傷があるということ、アプリの起動や待機に多少引っ掛かりを感じるので買い替えを検討してたんです。そこにS5 proの発売発表がありました。

翻訳すると、以下の様な感じになります。

史上最速かつ最も美しい旗艦! ポップアップセルフィーカメラを備えたHelio G90T、6GB + 256GB、FHD + AMOLEDディスプレイでスピードをフルに体験してください。 5月のグローバルセール。 カートに追加

UMIDEGI F2とS5 proの違い

最近僕が所有しているのはF1なんですが、その後継機となるF2で配達遅延が報告されています。また、S5 proの前身モデルとして、S3 proがあるのですが、こちらも日本ではほとんど販売されていないので、まず今は日本で多く販売されたUmidegi F1とS5 proを比較記事を紹介したいと思います。

umidigi S5 pro umidigi F1
OS Android 10 Android 9
ディスプレイ 6.39 インチ(2340×1080) FHD+ AMOLED Ultra FullView Display 6.3型/19.5:9/ノッチ付き
CPU Helio G90T MediaTek Helio P60
SIM Dual Nano SIM Dual Nano SIM
RAM 6GB 4GB
ROM 256GB 128GB
カメラ 4800万画素(標準)+1600万画素(超広角)+500万画素(マクロ) 500万画素深度センサー 1600万画素+800万画素

16 + 8MP, F値/1.7
デュアルカメラ, PDAF

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
指紋センサー 有り 有り
USB Type-C Type-C
サイズ/重量: 75.7(W)×159.2(H)×9.6(D) mm / 202g (W)156.9mm (W):74.3mm (D):8.8mm/186g
バッテリー 4680mAh 5150mAh
回線 ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線 フル対応
ワイモバイル回線 フル対応
au回線 フル対応au回線の場合は、チェックしてからの検討をオススメします。
ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線 フル対応
ワイモバイル回線 フル対応
au回線 フル対応au回線の場合は、チェックしてからの検討をオススメします。

S5 proは日本で販売価格が30000円前後と言われているだけあって、F1より全ての部分の優れているのはもちろんのこと、特にカメラ部分に力を入れているのが分かります。

おそらくF1という機種、ユーザーにはカメラが相当不評だったようで。。

1600万画素でF1.7となっていうスペックですが、F1.7とは思えないくらいの暗さです。数値が小さければ小さいほど画像は明るくなるのですが、これがまた嘘だろ!と思えるくらい暗い。youtubeで三脚固定で動画を撮るくらいなら大丈夫ですが、動きながら持ちながらの撮影をすると、ピントがボケまくります。

ここら辺が改良がされているかが気になるところです。

また、動画もF1は 1080p  最大fps: 30fpsとなっていて、これが60fpsまで対応できれば、かなり優秀なモデルと言えそうです。

※F2も配送遅延が解消されたようなので紹介しておきます。

created by Rinker
【最新のアンドロイド10.0システム】 UMIDIGI F2のOSはカスタマイズされていない素のAndroidシステムを搭載しています。 このオリジナルバージョンでは、何の広告も表示されません。最速で快適なAndroid 10で、新機能としてのダークテーマやスワイプジェスチャーを楽しみに体験できるようになります。純粋なAndroid 10を搭載していたうえ、これまでより多くの機能を提供しております。

UMIDIGIスマホの不具合や欠点

僕が所有しているF1は、液晶のパネルが下部分が外れて少し隙間があること、また、SIMを収納する部分が欠けています。衝撃にはあまり強く作られていないんじゃないかと思います。(隙間を接着剤でふさいでいます)少しネックなのが重さですね。F1の186gという重さも正直少し重いと感じています。iphone11と比べると数値的には軽いのですが、スペックが落ちる分もう少し軽い仕様にしてもよかったのではないかと思います。

また、UMIDEGIは配送がとにかく遅いと言われています。

僕がA3proを購入した時は、到着まで1週間前後かかったように思います。受注してから作り始めるわけではないと思いますし、在庫はあると思うのですが、この会社はセールなどで一気注文数を増やします。

すると、amazonなどでは売れると上位に表示されるわけです。とにかく上位に表示させるために注文を取りまくった後に発送の部分でキャパオーバーでの発送遅延になるんじゃないか?と見ています。

UMIDEGIはコスパがかなり良いスマホとして、今支持しているユーザーを増やしつつあります。S5proは発送遅延が無いようにしてもらいたいですね。

ガジェット・道具カテゴリの最新記事