iphone12の動画でのカメラ性能

iphone12の動画でのカメラ性能

最近なんですが、iphone12miniを購入しました。

α6400で色々な場所や風景を撮影することが多いんですが、その都度思ったことがあって。カメラ自体に特段不満は無いんですが、やっぱり重いんですよ。他のカメラに比べれば、確かに軽い方ではあります。ただ、一眼レフ全般に言えることなんですが、今いいな!と思った瞬間に撮ろうとすると、カメラを首からブラ下げている状態でなければいけないわけです。

重い物をぶら下げている状態で気軽に撮れるか?と言われれば、やっぱりキツイ。これ以上軽くなんて考えても、今の最新機種でもそんなに重さやサイズに大差はない。もっと、軽いカメラを買い替えようかなと思った時もあったんですが、ふといつも持ち歩いている携帯で撮影してみたらどうだろう?と思った時がありました。

スマホがα6400の代わりになり得るのか?と、、、

色々調べてみた結果、僕はある程度のクオリティで許せるのであれば、今のスマホでも十分大丈夫だと思いました。実際に僕が購入したiphone 12miniは9万円くらい。この価格帯なら一眼レフも買えないわけじゃない。ということで、iphoneを買って、撮影などに使いたい人向けにこの記事を書いてみます。

ミラーレス一眼のメリット

なんと言っても映像のクオリティですかね。今のスマホはかなり進歩してきていて、画質もかなり良いです。写真を撮り比べてみても、違いが分からないことがほとんどなんですが、やはりスマホでは出せない部分があります。

それが一眼レフ特有のボケ感です。

今はスマホもポートレート機能が進化してきていて、ボケ感も簡単に出せるようにはなりましたが、あくまで写真なんですよね。動画では一眼レフのボケ感を出せるスマホは現段階ではありません(多分)スマホの場合は画面全体にピントが合ってしまうので、綺麗ではあるんですが、強調したい、見せたい部分以外をボケさせることは難しい。

写真好きな人ってこのボケ感へのこだわりが強いんですよね。

ミラーレス一眼のデメリット

ミラーレス一眼のデメリットは、なんといっても重さ。しかも、かさばるし目立つので、カメラをいつも持ち歩くにはいかないんですよね。一日ぶら下げて、撮りたい時にモニターを見ながらシャッターボタンを押す。これが簡単なようで、意外に難しい。しかも、撮ろうと思った瞬間に結構設定が必要だったりします。

スマホよりもシャッターチャンスを逃しやすいわけです。

iphone12のカメラ 動画性能

iphoneの動画でのカメラ性能はかなり良いです。

僕は持ち歩き重視でiphone12miniを購入しましたが、他のスマホのカメラ性能を調べながら比較してみましたが、特に夜の撮影での手振れ補正がかなり強い。

この部分に関しては、他社メーカーのスマホよりも優秀だと思います。夕方くらいであれば、持ち歩きながら撮影しても、アクションカメラで撮影したのか?ってくらい綺麗に撮れています。

ただ、一眼レフとは違い設定できる項目が意外に少ない。それがスマホ撮影の良さでもあるんですが、例えばISOや露出補正など設定できる項目がもう少しあっても良かったかなと思います。

また、iphone12の場合4K60pまで撮影できるので、かなり細かい部分まで撮れると思います。

iphone12のデータ管理

iphoneで撮影する場合、いずれストレージを圧迫してくるデータをどうするのか?という問題が出てきます。iphoneの場合、価格が高いこともあって、少ないストレージ64G、128Gを購入している人も多いと思います。このストレージってandroidやwindowsにも言えることなんですが、購入して初期設定をした時からすでにストレージをある程度使っているので、64G、128Gをフルで使えるわけではないんですよね。

僕の場合ストレージ64Gを購入しましたが、すでに初期状態でも容量3分の1は使われている状態でした。データが満杯になって撮影できないっていう状態を防ぐためには、マメにデータ移行しなくてはいけません。androidなんかはmicroSDを入れることができるスマホは多いんですが、iphoneの場合、icloudの容量をお金を払って増量する必要があります。

そう考えるとiphoneはバックアップを取りにくい機種とも言えるんですが、中々便利なものを発見しました。

iphone用カードリーダーです。これさえあれば、本体のデータをメモリーカードに移行することもできるし、逆にメモリーカードから本体へのデータ移行も可能。また、データ移行させながら充電できるという優れものです。

これを知った時はまさに目から鱗という感じでした。

例えば、旅行先で動画を撮ろうなんていう時は128GB程度のメモリーカードを持ち歩いて、iphoneの容量が満杯になったら、メモリーカードにデータ移行させておく。わざわざ、パソコンに繋いでitunesにバックアップを取る必要もない。この方法を使えば、iphoneの容量不足は簡単に解決できます。

iphone12の動画データはwindowsで見れない?

iphone12の動画データをdavinci resolveで編集しようとした時の事です。何故かプレビューできないことに気づきました。そこでdavinci resolveを閉じて、iphoneの映像データをクリックしたら、再生できない。

調べてみるとiphoneの動画はiOS 11以降はHEVCで動画がエンコードされているようでコーデックが必要のようです。なので、以下のURLをクリックして拡張機能とやらをインストールしようとしたら、

デバイス製造元からの HEVC ビデオ拡張機能 を入手 – Microsoft Store ja-JP

現在購入できません。と表示されている。

更に調べると、

HEVCビデオ拡張機能

120円で料金はかかってしまいますが、なんとかインストールして無事に見ることができました。ただ、iphoneの動画は映画&テレビというアプリに紐づけしてないと見れないんです。ここら辺めんどくさい人はiphoneお勧めできないんですが、やはりandroidスマホよりは、若干縛りが多いです。

iphoneの場合、アプリや音楽など全てapple独占でやろうとするので、不便に感じることも多いんですが、それでもやっぱりiphoneはそのブランドに恥じぬ機能性は兼ね揃えていると思います。

特にこれから映像を撮ろうとしてる人には、iphoneはおススメです。スマホの中でも機能面では最先端を行ってると思うので。

ガジェット・道具カテゴリの最新記事