youtubeで収益化する為のルールと今後やってはいけない動画内容とは。

youtubeで収益化する為のルールと今後やってはいけない動画内容とは。

ブログではSNSの事とか書いてますが、私自身、実はyoutubeジャンキーです。

夜寝る前にyoutubeを見てたら、興奮してきて眠れなくなるパターンが常態化してきたので、いよいよ歯止めをかける為に自分でルールを作りました。

ま、単純に見る時間を決めようってだけの話なんですが、

最近どんどん投稿者があげる動画が面白くなってきて、知らず知らずの間にこんな時間ということが増えてきました。ルール作ってもほとんど守れてない。。。

この前見てたら、女性が腋毛がどれだけ伸びるかを動画で見せてる子がいました。(長ネギで検索してみてください)可愛い子が腋毛伸ばしてyoutubeで晒すって、テレビでは考えられない事ですよね。テレビではできないような事が、youtubeでは簡単にできる。しかも、自分が見たい時にいつでも見れる。時代はテレビからyoutubeへと変化しようとしているのも当然の事とも言えます。

で、当然この流れに乗ってyoutuberになろうとする人がたくさんいると思うんですが、ほとんどが挫折します。何故かというとみんなyoutubeからの広告収入狙いで参入するからですね。

youtubeでの広告収入収益化までの流れ

まずyoutubeからの広告収入を得るためには、

総視聴時間 4000時間 登録者数1000人

この数字を突破しないといけないのです。youtubeを始めて動画をアップした人ならこの数字がいかに大変かがすぐに分かると思います。で、我慢できなくなると、視聴時間と登録者数をすぐにでも増やしたくて、過激なことや炎上を狙い、アンチからのコメントなどに心を痛めて、youtubeを辞めてしまう人も少なからずいるようです。

有名人ならともかく、一般の人はyoutuberを始めるなら長い目で戦略を組んで続けていくべきです。数さえクリアできれば、youtube運営側が内容を見て審査します。以下がその手続き方法ですが、とても簡単です。

まずyoutubeのチャンネルを見て左側のメニューから

その他の機能⇒収益受け取りをクリックします。

過去12カ月間の総再生時間が4000時間、登録者数1000人を超えたら、あとは開始ボタンを押すだけです。

youtubeでの収益化審査の注意点

youtubeで広告収入を得たいのであれば、基本的な部分であるyoutubeコミュニティガイドラインを守るべきです。せっかく苦労して動画を作っても、収益化の審査に通らならないということがないよう注意したいですね。コミュニティガイドラインの重要な部分です。

ヌードや性的なコンテンツ、有害で危険なコンテンツ、不快なコンテンツ、暴力的で刺激の強いコンテンツ、嫌がらせやネットいじめ、スパム、誤解を招くメタデータ、詐欺、脅迫、著作権、プライバシー、なりすまし、子供の安全 参照 youtubeコミュニティガイドライン

ヌードや性的なコンテンツ

性的満足を意図した露骨なコンテンツ(ポルノなど)は、YouTube で許可されていません。フェティッシュを含む動画は、削除されるか、年齢制限が設けられます。暴力的、生々しい、あるいは侮辱的なフェティッシュは、ほとんどの場合に許可されません。参照 youtubeコミュニティガイドライン

露骨な性的動画はほぼ許可されることがないと思っていいでしょう。しかし、フェティッシュを含む動画は年齢制限が設けられると書いてあるとおり、一部許可される動画があるようです。ただ、視聴者から違反報告がたくさんあったりすると、微妙なものでも削除される危険性があるので注意する必要があります。

不快なコンテンツ

これらに抵触しないような動画を作ればいいのですが、問題はそう簡単ではありません。例えば不快なコンテンツとありますが、ここだけ見ると、非常に表現が曖昧です。そこできちんと中身を見てみると国籍や人種に基づいて悪意のある表現は禁止と書かれています。

年齢、カースト、障がい、民族、性同一性、国籍、人種、在留資格、宗教、性別 / ジェンダー、性的指向、深刻な暴力的出来事の被害者とその親族、従軍経験 参照 youtubeコミュニティガイドライン

しかし、ニュースや教育、ドキュメンタリーを目的とする場合は許可されるようです。この様に事細かくガイドラインが決められているので、後々審査を受けた時に引っ掛からないように注意するべきです。

スパム

この部分は知らず知らずの間にやっているyoutuberも増えているので注意したいですね。

動画スパム: 何度も投稿される、繰り返しが多い、あるいは不特定多数に向けたコンテンツで、次のうち 1 つ以上のことを行うもの。

視聴者に何かを見せると約束しておいて別のサイトに誘導する。

すぐにお金を稼げると視聴者に約束して、YouTube のクリック数、視聴回数、トラフィックを獲得する。不正なソフトウェアを拡散させるサイトや個人情報を収集しようとするサイトなど、悪影響を及ぼすサイトにユーザーを誘導する。

誤解を招くメタデータやサムネイル: タイトル、サムネイル、説明、タグを使用して、コンテンツが別のものであるかのように見せかける。

詐欺: 現金のプレゼントを提供するコンテンツや、「一攫千金」スキームまたはねずみ講(物品を伴わず金銭をやり取りするピラミッド商法)に勧誘するコンテンツ。

参照 youtubeコミュニティガイドライン

この部分は特に気をつけたい部分です。youtuberは視聴回数を伸ばす為にあらゆる技を使っていますが、その中でこのスパムに該当する行為を行っているyoutuberが少なからずいます。

視聴者に何かを見せると約束しておいて別のサイトに誘導する。

例えば、この表現は別サイトに誘導するのは構わないけど、何かを見せると約束して誘導させるのはいけないとなっています。別サイトに来てくれればコンテンツを上げますよ!っていうのも危険かも知れません。また、タイトルと中身がかけ離れている動画もたくさん見かけますね。

著作権

一番動画としてアップロードしやすく、アクセスが伸びやすいのが、すでにヒットしている歌手や曲の音楽動画です。弾き語りやcoverなど、たくさんの方がyoutubeにアップロードしています。

しかし、そのほとんどはおそらく収益化されないと思います。例えばギターを弾いてる動画ですが、その動画の中にその曲の音源そのもの、一部でも使っていれば著作権違反となるからです。

しかし、この様な場合はOKです。

動画の中の演奏が全て自分で作ったものである場合。

例えば、曲にはドラムやベース、歌などあるわけですが、これらを自分で製作する場合はyoutubeに動画をアップロードしてもOKとなります。ただ、これは、youtubeが著作権団体に利用料を払っているからであって、これはインスタグラムではできないようです。

ただ、この場合は収益化に成功してもおそらくかなり収益は少なくなるはずです。何故ならyoutube側で利用料が発生しているからですね。音楽関連でyoutuberになろうとしている方は一度調べてみることをおススメします。

youtube収益化に向けて今後気を付けるべき動画内容

私が今後youtubeの収益化をする時に気をつけた方が良いと思っている動画内容です。今の段階では通用していても、youtubeは審査の基準を変えたり付け加えたりする頻度がとても多いです。今後更に厳しくなるであろう動画内容を予想してみました。

  • 炎上動画
  • アーティストのコピー、カバー動画
  • 子供向け動画

炎上動画

わざと炎上させるような動画を作って、登録者数を増やすような手法は今の段階ではまだ流行っていますが、今後は厳しいという他ありません。というのも、youtubeのユーザーの目が厳しくなっているからです。基準には違反していなくても、それを不快に思うユーザーの違反報告が多ければ、youutube側も基準をどんどん変えてきます。突如として、youtubeアカウントがBANされる可能性もあるので気をつけてください。

アーティストのコピー、カバー

これも、今後厳しくなっていくものと思います。アーティストの音源をそのまま入れることは著作権に違反しているわけですが、いまだに多くあります。アーティスト側からの著作権侵害の報告がこれからも増えてくることを考えれば、当然このジャンルは厳しいでしょうね。

前に外国の女性アーティストが、音楽は無料じゃない!と主張して、音楽アプリでの配信を拒否したことがありました。今後は業界全体でこの様な動きが出てきてもおかしくないです。例え、収益化の審査が通っても収入はほとんど期待できないので、音楽系であればやはり、完全にオリジナルを目指すべきですね。

子供向け動画

これについてはすでにyoutube側は子供向け動画に関しては広告を消すと言ってますね。広告が表示されないのであれば、当然収入は入ってこない事になります。しかも、この件のようにyoutubeは突然変更してくるのです。今まで子供向けの動画を作って稼いできた人は、突然収入源を絶たれることになります。

youtubeは広告収入だけで考えると挫折する

youtubeで収益化を目指すためにはやはり時間がかかります。登録者1000人という登録者数の壁があるからです。簡単に稼げると考えてここの参入してくる人は当然、挫折する人が多いです。

しかし、別に広告収入をアテにしなければ、youtubeは色んな使い方がありますよね。ブログへの集客もできます。また、企業案件として商品の紹介、イベントなどマネタイズする方法はたくさんあります。

こういった選択肢も考えながらyoutubeを始める時は戦略を組んでいく必要があります。むしろ収益化は考えないで、集客に役立てていたら、いつの間にか収益化の基準をクリアしていたという方がいいですね。

youtubeで収益化する為に審査を読み解く

今後のyoutubeはAIの技術が発達しているため、審査も自動化されていく可能性も高いです。いや、すでにもう自動化されているのかも知れません。その場合は、当然数値が重要視されていくことは間違いありません。

違反報告の数やバッドの数など。

普通にyoutubeのルールを守っていれば増えそうにないような数値が伸びる場合は、目視確認が入ったり、自動で収益化が止まったりすることが、近い将来におそらく出てくるでしょう。審査に通るにはyoutubeのコミュニティガイドラインを徹底して守ること。全てに目をしっかり目を通しておくことが重要です。

SNSカテゴリの最新記事