手軽に弾き語りや歌を撮りたいならitrack pocketがおすすめ

手軽に弾き語りや歌を撮りたいならitrack pocketがおすすめ

楽器を弾いてる人や自分の歌を録音して、youtubeに手軽にアップしたいって人多いと思います。

今は高性能のスマホがあるので、そのまま動画を撮る人も多いですが、もう少し音をよくしたいって人にはitrack pocketがおすすめです。(もしも弾き語りなどをするなら三脚も持っておいた方がいいですね。)

エレキギターの音を撮りたい場合

これがitrack pocket になります。何故か分かりませんが汚れが目立つ仕様となってます。綺麗にしようと思ったのですが、汚れが取れませんでした。

右側にエレキギターのジャックと繋ぐところがあります。

左側が音量調節となります。

この画像はitrack pocketの裏側になります。このコードをiphoneの充電口と繋ぎます。アコースティックギターの直録りや歌を直接録音する場合は、このコードをiphoneに繋げるだけで大丈夫です。

created by Rinker
Appleが公式認定したステレオマイクとギターインプットを搭載したiPhoneレコーディングデバイス 録音と同時にHDビデオ撮影が可能なiPhoneアプリ"Impact"を無償提供 録音したサウンドを簡単に編集、音質を良くして1クリックでYouTubeへアップロードが可能 ギターアンプシミュレーターやエコー、簡易マスタリング機能を搭載

iphoneアプリimpactを立ち上げる。

itrack pocketとiphoneを繋げたら、impactというアプリを立ち上げます。(事前にダウンロードしておきます)このアプリの特性なんですが、横向きにしないと録音ができない仕様になっているので、横向きロックを解除してから起動してください。(アプリ起動後でも解除可能です)

左側のギターボタンを押します。四角の赤いボタンが2つ見えると思います。ここで録音環境を設定します。この状態はエレキギターをジャックでつないで、ヘッドフォンでその音を聞きながら録音できる設定です。また、アンプを選べます。左右にフリックするとお好みのアンプが選べるので、そこからドライブとリバーブのつまみで音を修正できます。

赤枠の部分にguitar+Micとあります。これは例えばエレキギターを弾きながらマイクで歌を録音するのに適しています。他にstereo Micとありますが、これはアコースティックギターでコードを繋げずにギター音と歌を録音するのに適しています。

様々なモードがあるので試しながら録音してみてください。

録音したデータの不要部分をカット、トリムをすることができます。iphoneからすぐにyoutubeにアップロードできるので便利です。

あくまで手軽に弾き語り映像を撮りたい人向け

本格的なDTMをやりたい人には向きません。音を細かいところまではいじれないからです。録音したものを、すぐにyoutubeにアップロードしたい人にはとても重宝できる機材かと思います。

オーディオインターフェースとパソコンを繋いで音を録音して、自分が弾き語りしている姿をスマホで撮って、あとで音と映像を組み合わせて編集する方法が一般的なのかもしれませんが、これだとひと手間かかります。(上級者はほぼこの方法だと思います)

しかし、このitrack pocketを使えば、iphoneで音と同時に映像も撮って、そこからすぐにyoutubeやインスタにアップロードできるのが特徴です。更新頻度が高い人にはお勧めの機材です。

created by Rinker
Appleが公式認定したステレオマイクとギターインプットを搭載したiPhoneレコーディングデバイス 録音と同時にHDビデオ撮影が可能なiPhoneアプリ"Impact"を無償提供 録音したサウンドを簡単に編集、音質を良くして1クリックでYouTubeへアップロードが可能 ギターアンプシミュレーターやエコー、簡易マスタリング機能を搭載

 

ガジェット・道具カテゴリの最新記事