今のyoutubeの不具合は、必要最小限の人員の配置のせい。

今のyoutubeの不具合は、必要最小限の人員の配置のせい。

youtubeではコロナウィルスの影響で人員の配置を抑えているせいか、不具合が多発しているようです。今でも、

最近、コロナウイルスの影響でスタッフのアクティビティが落ちているためかYouTubeの不具合が多く発生しています。動画コメント欄への書き込み通知も全て届いていません。

また、チャットができない、ライブができなくなったという不具合も他にあるようです。

広告つかなくなりました。破産です→復活しました。

こんなコメントをチラホラ見かけました。と、それよりも更に上のレベルの不具合が、、、

BANされましたが復活しました。

youtube側が誤ってアカウントをBANしてしまうという洒落にならない不具合ですね。なんで、今youtubeでこんな事が起きているのか?というと、youtubeが人員を削減しているからですね。いや、削減まではしていないけれど、自宅待機や在宅勤務などで対応しているため、サービスが手薄になっているんじゃないか?という話もあります。

そして、最近の自粛要請で家にいる時間が増えたことによるyoutubeの視聴時間の増加による影響もあるでしょう。

AIの自動判定の間違いだと単純に考えない方がいい。

中には本当にBANされたり、広告がつかなくなった人もいるようなので注意した方がいいです。コロナウィルスの影響でAIの自動判定の割合を増やしているからということも言えますが、一度でもBANや広告がつかなくなったという判定がされた場合は、一度その原因を考えた方がいいです。

高須幹也先生の場合

youtubeからの通知で動画全てに広告がつかなくなったようです。しかし、現時点では復旧しています。これに関しては、高須先生もコロナ関連の動画をあげていた、出血を伴う手術の映像を流していたからではないか?と自己分析されていました。

しかし、たとえ広告料が入らなくてもyoutubeを続けるということで、あえて該当するような動画の削除を行わずにいたようですが、何故か元に戻ったようです。おそらくこれはyoutube側の不具合だったように思います。

平塚正幸さんのライブができなくなるという不具合

ある動画が著作権侵害によって田中けんさんにより異議申し立てを受けた後、ライブ配信ができないという状況になっている模様です。

これについては、前にも同じ動画が異議申し立てを受けてたわけで、それ以降は非公開にして誰も見れない状態にしていたにも関わらず、再度異議申し立てがされたということですが、これもyoutube側の不具合っぽいです。

しかし、今のところライブ配信が復活したという報告が無いようなので、今後復活したら、何故このようなことが起こったのかも含めて平塚さんに動画で説明して欲しいですね。

twitterでも拡散されているBAN騒ぎ

この様にツイッターではたくさんの報告がありますね。たかが噂といっても、突如として広告収入が入らなくなる可能性があるわけですから、思いあたるフシがある人は動画を削除するなどの対応をとっておいた方がいいかもしれません。

youtubeノウハウカテゴリの最新記事