youtubeやインスタグラムは今からすぐにでもやるべき理由とは?

youtubeやインスタグラムは今からすぐにでもやるべき理由とは?

似ているようで似ていないインスタとyoutube。

動画や画像で閲覧回数を伸ばすために必要なものといえば何か?と考えた時に、トップyoutubeやインスタグラマーの人たちを見てきて思うのは企画力がずば抜けているということ。

ヒカきんさんやシバターさん、ラファエルさんしかり。もちろん動画の編集力もあるかも知れないが、テレビではできないような企画はやはりウケがいい。前にシバターさんの動画で、バイアグラを飲んで、デリヘル嬢と何人イケるか?という企画があったが、これを出来る人ってyoutuberの人でも数少ない。知りたいけど、誰も教えてくれる人がいない。そんな企画力のある動画には人が群がるのは当然のこと。

タイトルだけ見ても見たくなる様な動画のアップを積み重ねでもって今の地位があるわけだ。

でも、みんながこういう動画を作れるわけじゃないし、作る必要もない。圧倒的な登録者数と広告収入を目的とするなら、こういう企画もありだろうけど、ほとんどの人はそういうことが目的でやるわけじゃない。

あえて、私はだが、SNSを使ってビジネスに繋げるためにやるわけだし、ここを見る人達にも、ただSNSをやって楽しむのではなく、最終的にビジネスに繋がるようなSNSを展開していって欲しいと思う。

SNSは即効性があるかもしれないが、やはり長い目で見ることが必要だ。

自分に突出した才能があるとか有名人でもない限り、爆発的にフォロワー数が伸びるということはないと思った方がいい。

例えば、フォロワー数が多いのに、フォロー数が圧倒的に少ない人というのは、有名人じゃなくても間違いなく何かに秀でていることが多い。もしくは女性で顔出ししている場合。男性はそれだけでフォローしてしまう傾向がある。

でも、SNSをやる人というのは、大部分はそれ以外の人ということになる。

どんなに動画や画像をアップしても、少しずつしかフォロワーが増えていかない。でも、それが普通という感覚を持っていないという、すぐに諦めてしまう人が本当に多い。

しかし、それはもったいない話である。

続けたからといって成功できるという世界ではないけれど、続けていればコンテンツは貯まっていく、10個、100個、1000個と増えていく。それがいずれ財産となるのだ。一生残っていくコンテンツとなる。そういう考えでいければ、今は我慢の時だと思って、コンテンツ制作にいそしむことができるのである。

1日一個動画を作ったとしても、それを毎日続けたら、3年後には1000個を超える。1000個の一分動画を誰か一人でも見てくれる人がいるようになれば、毎日1000分の視聴時間になる。インターネットビジネスは時間がかかってもやるべきなのはこういうところにある。

 

youtubeカテゴリの最新記事