パソコンで使える動画編集ソフトの比較

パソコンで使える動画編集ソフトの比較

最近、動画編集に関するページが検索エンジンに引っかかってきたのか問い合わせも増えてきました。

はじめて動画編集したのは自己流ながら10年前ですからね。それなりに時間もかけてきました。

動画編集ソフトって、一度コレを使うって決めたら中々、他に変えるのも面倒です。じゃあ、たくさんの動画配信者たちは何故複数のソフトを持ちたがるのか?って考えたら、今はスマホやパソコンどちらのデバイスでも編集する人が多いんですよね。

しかも、パソコンのスペックによってソフトを使い分ける人も多い。

ということで、このページは動画編集ソフトの比較ページにして、これから動画編集をはじめようっていう人にバッチリ合うソフトを紹介していきます。

無料、有料動画編集ソフト

動画編集ソフトを選ぶ上で、抑えておくべき点が一つ。

それは、無料のソフトは無いということ。

スマホのアプリまで見れば、無料のものはまだあります。ただ、透かしのロゴが出たり、機能制限があったり。あとは、1か月は無料だけど、その後は有料とか。

動画編集ソフト、アプリって結構開発費かかってると思うので、無料は無いという考えで探した方がいいです。ただ、この法則に全く当てはまらないソフトが一つあります。

それが「davinci resolve」という超高性能な動画編集ソフトです。外国の映画製作者にはこれ使ってる人も多いらしいです。無料版でも十分過ぎるくらいの機能です。

じゃあ、みんなこれにしたら良いじゃん!とか、思うんですが、そう簡単な話じゃありません。

画像名
事務員

確かに使っている人少なそうですけど、どこら辺が難しいんですか?

課長

まず、機能の名称が既存のソフトとかなり違います。また、使っている人が少ないのでネットでの情報も少ない。無料版使っててもサポートも受けられないということもありますし。

動画編集はじめての人には難しすぎて使えません。

あと、アプリなら無料のものも結構あるじゃんって人多いんですけど、本格的に効率よく動画編集しようと思ったら、まずアプリに頼るのは最初だけにしておきましょう。

撮って、ちょっとテキスト入れるだけの動画なら、スマホアプリでも良いと思うんですが、長く効率的にやろうと思ったら、パソコンで編集した方が良いです。ということで、まずはwindows用の動画編集ソフトから紹介します。

power director

引用 power director365

動画編集ソフトの中では有名かつ老舗。僕は10年近く前に初めて利用したような記憶があります。機能的にはかなり進歩したんでしょうけど、基本的にインターフェイスはそれほど変化が無いので、使ったことがある人はもう一度始めやすいイメージのソフトです。

基本的には、求められる動作環境はそこまで高くないので、インストールしやすいソフトかと思います。

また、ソフトとサブリクションのタイプがあります。機能的にはソフトの最新バージョンであれば、サブリクションのpower director365とそれほど違いがありません。

それほど機能を求めていないのであれば、ソフトを購入してそのまま使い続ければいいと思います。(修正、更新はそのうち打ち切られる可能性もあるので注意)サブリクションは1年ごとに払う必要がありますが、常に最新の機能を使えるので、今はサブリクション使う人多いかも知れません。

また、このソフトの強みはDVDへの書き込みまでが可能なところ。作ったものを人に見てもらいたい、贈りたい人なんかには絶対必要な機能です。

power directorの主要機能

動作環境4GB 以上(AI スタイル機能は 8GB 以上推奨)。
NVIDIA ビデオ/オーディオ ノイズ除去、ルームエコー除去には 8GB 以上が必要。
解像度4K編集可能
手振れ補正機能
縦動画編集
クロマキー
スライドショー自動でエフェクトを追加してスライドショーを作ってくれます
DVDオーサリングDVD、bluerayの書き込み可能
マイク音声録音
画面録画機能
LUT付属する別ソフトでLUT可
音声エフェクト
SNSアップロード
チャプター作成
トラッキング
サポート日本語サポート有
価格1年契約 8480円

Rated 4 out of 5

前は動画編集ソフトといえば、powerdirectorでしたが、最近ちょっと価格帯が低く同程度の動画編集ソフトが結構出てきました。もう少し無料で使える素材の方を充実して欲しいと思っています。

まさ

EaseUS Video Editor

引用 EaseUS Video Editor

このソフトの良いところは、動作環境が結構緩いところです。

Windows 7/8/10

これだけ。今パソコン高いですから、こういうソフトはサブ機にインストールして使うのもいいかも知れません。それでも、トリミングやズームなどの基本的な機能はもちろんの事、音声文字変換などの高性能な機能までついています。

サブリクションですが、永久契約してしまえば、かなりお買い得となるソフトです。

EaseUS Video Editorの主要機能

動作環境Windows 7/8/10
解像度1080pまでのエクスポートが可能 (pro版のみ)
SNSアップロード
動画フォーマットほとんどの動画ファイルをサポート
サポート日本語サポート有
価格1か月3590円 1年契約 5990円 永久無料アップグレード 9590円

まだレビューはありません

davinci resolve

引用 davinci resolve

高スペックなパソコンを所有していて、ある程度動画編集の知識がある方なら、素晴らしいソフトとなると思います。ただ、初心者の方は時間の無駄になってしまうくらい、超絶難しい操作になります。

ネットで調べても情報がまったくないので、覚悟が無い人はこのソフトの導入は止めた方がいいかも知れません。

また、中途半端なスペックのパソコンに導入しても、インストールできたとしても、動画編集中にフリーズしまくるので注意が必要。初めてやる方にはおススメしません。このソフト。有料であれば、サポートもあるしいいかも。

davinci resolveの主要機能

動作環境はっきりと書いてあるページ見当たらず。パソコンのスペックが低いと起動できない。
解像度4KまでOK
手振れ補正機能
縦動画編集
クロマキー
スライドショー×
DVDオーサリング×
マイク音声録音
画面録画機能×
トラッキング
LUT高機能なカラーグレーディング
SNSアップロードyoutube、twitterへの投稿可能
価格44980円
Rated 5 out of 5

色々な動画編集ソフトを使ってきましたが、おそらく動画編集に関する全ての機能が揃ってると言っても過言じゃないです。ただ、おそらくかなり使っていかないと覚えきれません。一応有料版ありますが、無料版で十分です

まさ

Premire pro

引用 premire pro

最初はこのソフト導入しようと思ってたんですが、やめました。何故なら他社と比べても圧倒的に価格が高い。

高性能な動画編集ソフトであることはadobeなので間違いないでしょう。たくさんの優良ソフトを世に出している会社ですから。だけど、全てが高い。まぁ、価格を落とさないのも、それなりのクォリティがあるからなんでしょう。

また、動画編集の仕事を受けたりする場合、このAdobe Premiere Proがインストールされているか聞かれること多いです。動画編集ソフトの中でもシェアNo1なので、それだけ使ってる人が多いということです。

ただ、動画編集をやり続けるとして、この金額をずっと払っていくことを考えると、ちょっと厳しい。高機能過ぎて求められるパソコンスペックはどのソフトよりも厳しいのと、パソコンのスペックが相当高くないと、動作がかなりもっさりするとのユーザーからの報告が多いです。

premire proの主要機能

動作環境Intel® 第 6 世代以降の CPU または AMD Ryzen™ 1000 シリーズ以降の CPU8 GB の RAM 2 GB の GPU メモリ
解像度4KまでOK
手振れ補正機能
縦動画編集
クロマキー
スライドショー
DVDオーサリング×
マイク音声録音
画面録画機能×
トラッキング
価格月2728円 年間28776円

まだレビューはありません

BeeCut

ある程度低スペックのパソコンでも動作することができます。

フィルターや素材などの素材が結構豊富にあるので、短時間で作れる動画などは、BeeCutのようなソフトが特におススメです。

premire proの主要機能

動作環境日本語 Windows® 11 / 10 / 8.1
ご利用のOSが推奨する環境以上
※メモリは作業時に1GB以上の空き領域が必要
解像度1080pまでのエクスポートが可能 (VIP版のみ)
動画フォーマットほとんどの動画ファイルをサポート
サポート日本語サポート有
価格1か月3390円 1年契約 4690円 永久無料アップグレード 6990円

まだレビューはありません

動画編集と撮影カテゴリの最新記事